Altium Designer ユーザー情報サイト では、Altium Designer と図研社製の CAD を併用されるユーザー様方のために、ネットリスト変換ツール NET-TOOL Lite を無償で提供しています。このツールを先日、 Windows 10 環境にインストールしてみたところ、無事動作しましたので、あらためてここでその機能をご紹介したいと思います。

NET-TOOL Lite は 約20年前に開発された Protel、Protel2、Cr3000(.ccf)、Cr5000(.ndf)の 4種類のネットリスト間でフォーマットの変換を行う事ができるツールです。

net-tool_lite500

このツールでは Protel とCr3000/5000 との間の変換だけでなく、Protel2 から Protel への変換や、ccf と ndf の間での変換もできます。参考のため、Protel ネットリストから ccf 及び ndf への変換結果をご紹介します。

Protel フォーマット

[
C1 RAD-0.3 Cap
]
[ C2 RAD-0.3 Cap
]
[
JP1 HDR1X2 Header 2
]
[
Q1 TO-92A 2N3904
]
[
Q2 TO-92A 2N3904
]
[
R1 AXIAL-0.3 Res1
]
[
R2 AXIAL-0.3 Res1
]
[
R3 AXIAL-0.3 Res1
]
[
R4 AXIAL-0.3 Res1
]
(
D1 JP1-2 Q1-1 Q2-1
)
(
NetC1_1 C1-1 Q1-2 R1-1
)
(
NetC1_2 C1-2 Q2-3 R4-1
)
(
NetC2_1 C2-1 Q1-3 R3-1
)
(
NetC2_2 C2-2 Q2-2 R2-1
)
(
NetJP1_1 JP1-1 R1-2 R2-2 R3-2 R4-2
)

Cr3000(.ccf)フォーマット

$CCF{
DEFINITION{
RAD-0.3:C1,C2;
HDR1X2:JP1;
TO-92A:Q1,Q2;
AXIAL-0.3:R1,R2,R3,R4;
}
NET{
D1: JP1(2),Q1(1),Q2(1);
NetC1_1: C1(1),Q1(2),R1(1);
NetC1_2: C1(2),Q2(3),R4(1);
NetC2_1: C2(1),Q1(3),R3(1);
NetC2_2: C2(2),Q2(2),R2(1);
NetJP1_1: JP1(1),R1(2),R2(2),R3(2),R4(2);
}
}

Cr5000(.ndf)フォーマット

“NetC1_1” : : “RAD-0.3” : “Cap” : “C1” : “1” ::::;
“NetC1_2” : : “RAD-0.3” : “Cap” : “C1” : “2” ::::;
“NetC2_1” : : “RAD-0.3” : “Cap” : “C2” : “1” ::::;
“NetC2_2” : : “RAD-0.3” : “Cap” : “C2” : “2” ::::;
“NetJP1_1” : : “HDR1X2” : “Header 2” : “JP1” : “1” ::::;
“D1” : : “HDR1X2” : “Header 2” : “JP1” : “2” ::::;
“D1” : : “TO-92A” : “2N3904” : “Q1” : “1” ::::;
“NetC1_1” : : “TO-92A” : “2N3904” : “Q1” : “2” ::::;
“NetC2_1” : : “TO-92A” : “2N3904” : “Q1” : “3” ::::;
“D1” : : “TO-92A” : “2N3904” : “Q2” : “1” ::::;
“NetC2_2” : : “TO-92A” : “2N3904” : “Q2” : “2” ::::;
“NetC1_2” : : “TO-92A” : “2N3904” : “Q2” : “3” ::::;
“NetC1_1” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R1” : “1” ::::;
“NetJP1_1” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R1” : “2” ::::;
“NetC2_2” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R2” : “1” ::::;
“NetJP1_1” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R2” : “2” ::::;
“NetC2_1” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R3” : “1” ::::;
“NetJP1_1” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R3” : “2” ::::;
“NetC1_2” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R4” : “1” ::::;
“NetJP1_1” : : “AXIAL-0.3” : “Res1” : “R4” : “2” ::::;

 このツールは Altium Designer ユーザー情報サイト 、ユーザー限定エリア内の ダウンロード:NET-TOOL Lite から入手できます。なおこの NET-TOOL Lite はサポートの対象外ですので、事前に十分な動作確認を行なった上で、自己判断でご利用ください。

なお Altium Designer 17 では、図研 CR-5000 PCB / Schematic ファイルの読み込み機能 が追加されました。ネットリストだけでなはく、デザインファイルそのものをを読み込みたい場合には Altium Designer 17 にアップグレードしてください。

1,451 total views, 1 views today