Altium Designer にはエディターとして語りつくせないほど多彩な機能を備えていますが、それだけでななくタイセンスタイプにも大きな特徴があります。 ライセンスタイプというのは、ライセンスの認証方式の違いによる分類であり、Altium Designer には一般的なノードロック(スタンドアロン)やフローティング(プライベートーバー)に加え、オンデマンドというタイプが用意されており、用途に合わせて選ぶことができます。 このライセンスタイプの詳しい説明が Altium 情報局の以下のぺージにありますので、ぜひ一度ご覧ください。

Altium Designer には PCB 機能付きと PCB 無しの 2種類しかありませんので、この選択にはそれほど困りませんが、ライセンスタイプは 3種類あり、動作だけで無く価格も違いますので、お悩になる方もけっこう多いようです。 以上、ライセンスタイプの選択に際しては上記の情報を参考にしていただき、不明点がございましたらお気軽にお問合せください。

1,335 total views, 1 views today