Just another WEB site for Altium users

ネットリストの読み込み手順

  • HOME »
  • ネットリストの読み込み手順
現在販売されている PCB CAD は回路図エディタと統合されたものが多く、PCB エディター単体で販売されているものは比較的高価なものに限られてきました。 しかし PCB 設計を専門に行う現場では、受け取る回路図データのフォーマットを指定できるケースはは稀であり、統合ツールでPCB 設計を行う場合でも、回路図エディタと PCB エディタ分離し、ネットリストでデータのやり取りをすることが必要になります。 
 
Altium Designer の場合も例外ではなく、Altium Designer でプリント基板のレイアウトを受託する場合にも依頼元に対して Altium Designer の回路図データを指定できる場合は稀であり、ネットリストから設計を開始しなくてはなりません。そこで、戸惑うのは Altium Designer にネットリストの読み込みコマンドが見当たらないことです。
 
Altium Designe を使い始めた段階では、ここで手間取ってしまうことが多い多いのですが、Altium Designer にはネットリストの読み込みを行うためのコマンドは存在せず、データの比較機能(omparator)を利用してネットチストを読み込みます。  そこで、この仕組みを説明すると、
 
Altium Designer は、2つのデータの 間の違いを比較することができる、強力なcomparator engine(コンパレータ・エンジン)を備えています。ネットの読み込みはこの機能を利用して入力ソース(ネットリスト)とターゲット(空の PCB レイアウト)の違いを探します。そしてもし両者に違いが見つかれば一方のデータを更新することにより、両者の違いを消滅させます。
 
例えば、作業を開始する時点で、ネットリストにはネットデータと部品データが含まれています。しかしPCB ファイルは何も無い空の状態ですので、PCB 上にネットと部品を発生させることにより両者のデータを一致させます。このような整合化の動作により、結果的に部品とネットが読み込まれるわけです。
 
この仕組みによる、ネットリストの読み込み手順は次のとおりです。
 
まず、新しい PCB プロジェクと空のPCB および ネットリストを用意します。これを Altium Designer に読み込んだ後以下の操作を行ないます。  * 画像は旧バージョンで作成してものをそのまま利用
 
(1) プロジェクト >> 相違点の表示 コマンドを起動する。
 
showdeff1a.jpg
 
(2) 表示された比較ドキュメント選択画面の “詳細モード” にチェックを入れる。これによりウィンドウが 2つ表示されるので、左ウィンドウで PCB ファイルを選択し、右ウィンドウでネットリストファイルを選択する。そしてOK ボタンを押し両者の違いを検出する。
 
showdeff2a.jpg
 
(3) 比較が終わると “Differences Between Netlist File and PCB Doc” に両者の違いが表示される。この画面上でマウスの右ボタンを押すとポップアップメニューが現れるので、ここから Update All in PCB Document [New.Pcb.Doc] を選ぶ。
 
showdeff3a.jpg
 
(4) この後画面が以下のように切り替わり処理がはじまる。処理が終わった後 “ECO 設計変更指示を作成” のボタンを押す。
 
showdeff4a.jpg
 
(5) さらに画面が以下のように切り替わるので、”変更の実行” ボタンを押す。
 
showdeff5a.jpg
 
これでようやく読み込みが始まり、基板上に部品とネットが現れます。
 
以上のように Altium Designer では、ネットリストの読み込みはインポートではなく、相違を整合化するためのデータ更新作業であるといえます。普通の人はすぐにはこの仕組みに気付きません。ここで門前払いを食らっった人も多いのではないでしょうか?

1,129 total views, 1 views today

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Altium Designer サポートサテライト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.