Just another WEB site for Altium users

Altium Designer で設計分担

  • HOME »
  • Altium Designer で設計分担

Altium Designer には PCB 機能付の製品(拡張セット)と PCB 機能無しの製品(基本セット)の 2種類があります。正式名称は PCB 機能付が “Altium Designer” PCB 機能無しが “Altium Designer SE”です。

Altium Designer 購入の際にはこのどちらかを選ばなくてはなりません。また、PCB 機能無しの製品”Altium Designer SE” を購入した場合には、PCB 設計との連携が必要になります。そこでこの連携について少し考えてみたいと思います。

ちょっと大雑把ですがまず設計エンジニアを 3つに分類してみます。

(1) PCB 設計を他人に頼む回路設計者 (2) PCB 設計を他人から頼まれるPCB 設計 (3) PCB 設計を自前で行う回路設計者

Altium Designer はこのうちの、(3) PCB 設計を自前で行う回路設計者の方々には数多くご利用いただいていますが、(1) と (2) のように設計を分担されている方々に対してはまだ、Altium Designer が充分に活用されていないように思います。

しかし Altium Designer は決して、1 から 10 まですべて一人で設計する人だけのツールではなく、回路設計者と PCB 設計者の間で設計を分担する場合にも大変便利です。そこでこの設計分担の方法を簡単に紹介したいと思います。

まずは次の図をご覧ください。

ad_collabo

◇ 一般的な回路設計者とPCB設計の設計分担

回路設計者が回路図を描き終わった後、基板設計者にネットリストを渡して基板設計を依頼します。この場合、回路図作成に使ったツールとPCB 設計に使うツールとの間に互換性がある場合には、回路図ファイルをそのま渡して、PCB の設計を依頼することができます。

◇ Altium Designer SE(基本セット)を使った場合の設計分担

Altium Designer SE には、PCB の配線機能は含まれていませんが、PCB 外形の作成、PCB フットプリントの作成、部銀の配置(移動)、デザインルールの設定など、配線の前段階の作業に必要な機能が備えられています。このため、回路図データではなく、PCB 上に主要な部品の配置を終えた後、PCB データを渡して PCB 設計を依頼するという方法が可能です。

Altium Designer SE では、アルティウムの PCB データを読み込んで表示させることができます。このため、設計を終えた PCB データを受け取って精密にチェックすることができます。さらに基本セットには、ガーバービューワが含まれていますので、ガーバデータを受け取ってチェックすることもできます。

◇ Altium Designer(拡張セット)を使った場合の設計分担

Altium Designer SE の場合と同様に回路図作成が終わった状態、またはPCB上 に部品を配置した状態で基板設計を依頼します。 加えて、Altium Designer には PCB 設計機能が含まれていますので、簡単な基板であれば自分で基板を設計することができます。また、新規の設計ではなく改版を行う場合、外注先から PCB データやガーバーデータを受け取って自分で修正を行うことができます。
Altium Designer フルセットと SE の併用

Altium Designer は上流から下流まで、設計に必要なツールをすべて備えています。そしてどの段階で分担する場合でも、データの互換性は保たれます。他社からも優れた CAD ツールは提供されていますが、この Altium Designer ほど設計を分担しやすいツールは他に無いと思います。

以下で詳しい解説がありますので、あわせてご覧下さい。
http://www.kumikomi.net/archives/2004/08/15print.php

1,013 total views, 3 views today

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Altium Designer サポートサテライト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.